野球のバッティングでよくあるお悩み「ステップ」ってどうしたらいいの!?

お悩み解決

野球のバッティングで打つ際、ステップの仕方が結果を左右すると言っても過言ではありません。

スイングの流れは、構え➡ステップ➡スイングという流れで行われます。

それぞれの動作で注意すべきポイントはたくさんあります。

その中でも、ステップはスイングを安定させるための準備段階となるため、非常に重要なポイントです。

野球をしている皆さんは、ステップへの意識を持てていますか?

この質問に対して、具体的な考えを答えることができた選手はそこまで心配しなくても良いかもしれません。

しかし、答えが出ず何となくステップしていた選手は、打率をガクっと落としている可能性があります。

そこで今回は、ステップに関する考え方と方法についてお伝えすることで、打撃改善のための一助となれば幸いです。

それでは早速始めていきます。

バッティングのステップで意識するべき3つのポイント

☑野球のバッティングで意識するべき3つのポイント

  • 身体が突っ込まない
  • 目線がブレない
  • ステップ位置を安定させる

バッティングのステップで意識するべきポイントは主に3つ。

上記のポイントを意識することで、打撃フォームがかなり安定します。

自分のステップをあまり意識したことがない選手は、あなたのステップをイメージしながらひとつずつチェックしてみましょう。

バッティングのステップで意識するべきポイント「身体が突っ込まない」

ステップした際に身体の突っ込みを抑えることで、ピッチャーが投げたボールをしっかりと見極めることができます。

逆に、身体が突っ込んでしまう選手は、ボールを見極めることができず、ステップした勢いのままスイングをしなければならなくなってしまいます。

身体が突っ込んだままスイングをすると、変化球や緩いボールに対する反応ができなくなってしまいます。

つまり、身体が突っ込むステップをすると、そのタイミングでしかボールを打てないことになってしまいます。

打ち気になることは良いことですが、ステップの際に身体が突っ込んだ時点で負けといっても過言ではありません。

バッティングのステップで意識するべきポイント「目線がブレない」

目線が安定すると、ピッチャーが投げたボールを正確に捉えることができます。

ステップが安定しない選手は目線がブレるため、打てる確率が下がるのは明白ですよね。

ストレートを投げられても、目線がブレてしまうと変化しているように見えてしまいます。

目線がブレると、自らで不利な状況を作ってしまうことになります。

目線がブレてしまう選手は、スイングを修正することも大切ですが、目線を安定させる工夫をすることが先決です。

バッティングのステップで意識するべきポイント「ステップ位置を安定させる」

ステップ位置を安定させることができれば、それだけでスイングが安定し打率も上がりやすくなります。

基本的には、投手方向に真っすぐステップすることが基本となります。

その中で、つま先の向きがやや内側や外側に変化することは当然考えられます。

それは、選手によって姿勢のバランスや筋肉の硬さ、振りやすさなどによって変わります。

そのため、少しずつ調整して試してみることをおすすめします。

バッティングのステップパターン3選

☑バッティングのステップパターン3選

  • すり足
  • ベタ足
  • 足を高く上げる

バッティングのステップパターンは、大きく3つに分けられます。

まずは、これらの3つのステップパターンがあることを知り、それぞれの特徴を把握しておくことが大切です。

それでは、ひとつずつチェックしてみましょう。

バッティングのステップパターン「すり足」

すり足ステップは、ミート力を高めたい選手におすすめです。

すり足は、目線がブレにくくボールを見極めやすくなります。

そのため、すり足打法は、打率を高めたい選手にとっては即実践するべき打ち方と言えます。

バッティングのステップパターン「ベタ足」

ベタ足ステップは、身体が前に突っ込みやすい選手におすすめです。

ベタ足ステップは、打つ際にステップした状態でバッティングを行います。

そのため、打つ準備ができた状態でボールを待つことができます。

バッティングのステップパターン「足を高く上げる」

足を高く上げる選手は、長距離を打ちたい選手におすすめです。

足を高く上げる分、ステップで踏み込んだ際に大きな力を伝えることができます。

しかし、その分身体が突っ込みやすいため打撃フォームが崩れやすい選手は要注意です。

まとめ

野球のバッティング上達のためには、ステップが重要なポイントになります。

スイングのタイプやタイミングの取り方によって、適したステップは変わります。

今回紹介した3つのステップパターンの特徴を把握したうえで、あなたに合ったステップを見つけましょう。

ステップの質を高めて打率アップを目指せ!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました