腹筋ローラーって効果はあるの?使い方ってどうなの?|スポーツトレーナーが解説!

レビュー&口コミ

腹筋ローラーは、「腹筋を割りたい」「体幹を強化したい」と考えている方にとって便利なトレーニング器具です。

野球の体幹トレーニングとしても多くの選手が取り入れています。

しかしながら、「本当に効果はあるの?」「どうやって使うの?」と疑問をお持ちだと思います。

そこで今回は、腹筋ローラーの効果や使い方、メリット・デメリットなど、気になるポイントをひとつずつ解説していきます。

それでは早速始めていきます。

腹筋ローラーって効果あるの?

腹筋ローラーは、正しく使えば効果は抜群です!

とはいえ、実際どんな効果があるのか分からないですよね。

私も使ったことがないものに対しては、少し躊躇してしまう部分があります。

そこでまず、腹筋ローラーの効果から確認してみましょう。

☑腹筋ローラーの効果

  • 体幹強化
  • 姿勢改善

これらのふたつの要素は、腹筋ローラーで鍛える際には押さえるべきポイントです。

それでは具体的に解説していきます。

腹筋ローラーの効果「体幹強化」

腹筋ローラーを使用することで体幹(主に腹筋群)が強化されます。

スポーツのあらゆる動作において体幹部から力が入り動きが始まるため、体幹部の強化は必須です。

腹筋ローラーを使用することで、自然と体幹部に力が入るため非常に効果的なトレーニングと言えます。

姿勢をキープする体幹トレーニングもありますが、このトレーニングではフォームの安定が難しく意外と難しいです。

それに比べて、腹筋ローラーは場所を選ばず簡単に取り組むことができるためおすすめのトレーニングです。

腹筋ローラーの効果「姿勢改善」

腹筋ローラーで鍛えられる筋肉は、腹筋を鍛えるイメージが強いですが、背筋群などの上半身の筋肉も鍛えることができます。

身体の表面に見える筋肉は別名体幹支持筋とも言われており、良い姿勢を保つために必要な筋肉です。

それらの筋肉を腹筋ローラーで鍛えることで体幹支持筋が鍛えることができます。

これらの理由から、姿勢改善にも役立つというわけです。

腹筋ローラーってどうやって使うの?

腹筋ローラーを効果的に使用するためには、正しいフォームで行うことが大切です。

☑腹筋ローラーで注意すべきポイント

  • 背中を少し丸めてスタート
  • 戻るときには逆再生
  • 回数よりフォームを意識

腹筋ローラーは、効果は抜群ですが正しいフォームで行わないといケガをするリスクがあります。

そのため、負正しいフォームの習得ができた上で取り組むことを強くおすすめします。

それではひとつずつチェックしてみましょう。

腹筋ローラーの正しい使い方「背中を少し丸めてスタート」

腹筋ローラーで鍛える際のスタート姿勢は少し背中を丸めた姿勢。

背中を丸めた姿勢でスタートすることで腹筋群に刺激が入ります。

この姿勢でスタートすることでメインの腹筋群に刺激が入りやすくなります。

もし、前を向いてスタートしてしまうと・・・

腹筋群に力が入らず腰を痛めてしまう可能性があります。

これから鍛えていくことをお考えの方は必ず意識して取り組んでください。

腹筋ローラーの正しい使い方「戻るときには逆再生」

「戻るときには逆再生」とは、腹筋ローラーで前に倒れてから戻るときにも同じフォームで戻ることが大切です。

よくある失敗例としては、お尻が先行したり、手が先行して戻ってしまうことです。

以下に失敗例を動画で紹介します。

失敗例①「お尻が先行して戻ってしまう」
失敗例②「手から先行して戻ってしまう」

これらの失敗が起きると腹筋群への刺激が入らず効果は大きく減少してしまいます。

安定したフォームで鍛えることで、しっかりとトレーニング効果を引き出すことができます。

腹筋ローラーの正しい使い方「回数よりフォームを意識」

腹筋ローラーは、正しいフォームで鍛えるからこそ腹筋を中心とした上半身の筋肉を鍛えることができます。

もしフォームが崩れてしまうと、鍛えられる部位が変わってしまったり、腰や肩など身体のどこかを痛めてしまう可能性があります。

10回と回数を決めるよりも、「正しいフォームで3セット」というように、フォームに重点を置くことが大切です。

腹筋ローラーの2つのデメリット

☑デメリット

  • 飽きやすい
  • 楽をしてしまう

腹筋ローラーは、便利アイテムではありますがデメリットも存在します。

ひとつずつチェックしてみましょう。

腹筋ローラーのデメリット「飽きやすい」

便利だからといって何も考えずに購入してしまうと、最初のうちは頑張りますが途中で飽きてやらなくなってしまいます。

どんなトレーニングでも飽きてしまいやすいものかもしれません。

✔解決策

飽きやすいデメリットの解決策は、明確な目的を持つことです。

明確な目的(例えば、体幹を鍛えて姿勢を改善させる)を持つことで、飽きるという感情があっても必要性を考えて前向きに取り組むことができます。

何となく続けようとすると最初だけ毎日続けたりするものです。

必要性を考えて取り組むことで週に2~3回の安定したペースでも十分効果は得られるはずです。

大切なことは、継続して取り組める考え方を持つことです。

ひらし
ひらし

私も学生時代は気分でやっていて、気づいたら止めていました。

腹筋ローラーのデメリット「楽をしてしまう」

腹筋ローラーは、シンプルなトレーニングですがフォームが意外と難しいため、無意識のうちに楽をしてしまうことがあります。

そのため、まずはフォーム確認をしておくことが先決です。

✓解決策

楽をしてしまうデメリットの解決策は、事前準備をしておくことです。

トレーニング前に正しいフォームを習得しておくことで、フォームミスを防ぐことができます。

シンプルなトレーニングほど丁寧に行うべし!ということです。

腹筋ローラーの2つのメリット

☑メリット

  • 安い
  • 自宅でも簡単にできる

腹筋ローラーには3つのメリットがあります。

それらのメリットを把握しておくことで、腹筋ローラーを効果的に使うことができます。

それではひとつずつチェックしてみましょう。

腹筋ローラーのメリット「安い」

腹筋ローラーの一番のメリットは、なんといっても「安さ」です。

値段が安い割には、腹筋群を中心にしっかりと鍛えることができる便利アイテムです。

「腹筋を鍛えたい」「体幹を強化したい」と明確な目的がある方には、すぐに購入して鍛えていきましょう。

腹筋ローラーのメリット「自宅でもできる」

腹筋ローラーは、コンパクトなサイズであるため、自宅でも簡単に取り組むことができます。

雨の日に実戦的な練習ができないときには、部屋の中でできるトレーニングに切り替えればよしです。

その際に、腹筋ローラーで鍛えるメニューは積極的に取り入れるべきです。

まとめ

いかがでしたか?

腹筋ローラーは、正しい方法で鍛えることでトレーニング効果をしっかりと引き出すことができます。

「腹筋を鍛えたい」「体幹を強化したい」という明確な目的をお持ちの方には必須のアイテムです。

正しく鍛えて強い身体をゲットしましょう!

他にも野球に活かせるアイテムを知りたい方は以下の記事もご覧ください。

コメント

  1. […] […]

  2. Cletus より:

    Item from overseas so a bit slow, otherwise a great transaction. Thank you

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました