狙い球の絞り方|野村克也氏の思考を頭に叩き込め!

バッティング

野球のバッティングにおいて大切な考え方のひとつが「狙い球の絞り方」です。

プロ野球の選手でも、狙い球を絞って打つ選手がほとんどです。

闇雲に投げられたボールを打てる選手はごく一部の天才打者のみです。

この狙い球の絞り方には、いくつかのパターンが存在します。

そのパターンを知ることで、考え方がガラッと変わる選手も出てくるはずです。

そこで今回は、狙い球を絞ることをテーマにまとめました。

それでは早速始めていきます。

狙い球を絞るってどういうこと?

狙い球を絞るというのは、ストレートやカーブなどの数ある球種の中で「このボールを打つ」と決めて打つことです。

何も考えずにバッティングをしている選手が結果を出すことはかなり難しいです。

野球は、確率のスポーツであるため、根拠のある考えを持って打席に臨むことは必須といえます。

狙い球の絞り方

  • 狙い球の絞り方「球種別」
  • 狙い球の絞り方「コース別」
  • 狙い球の絞り方「打球方向別」
  • 狙い球の絞り方「ヤマを張る」

狙い球の絞り方にはいくつかのパターンが存在します。

私は、上記のパターンを参考にして狙い球を絞っていました。

野村の遺言 [ 野村 克也 ]は、選手時代に参考にしていて今でも狙い球の絞り方を考える基礎になっています。

それでは、ひとつずつチェックしてみましょう。

狙い球の絞り方「球種別」

球種別に狙い球を絞ることで、迷わずにスイングすることができます。

ストレートが得意な選手はストレートを、変化球が得意な選手は変化球を狙うといったようにルールを決めておくと良いです。

狙い通りのボールを投げられた時には、ミート率も高くなるためヒットを打つ確率も高まります。

狙い球の絞り方「コース別」

コース別に狙い球を絞ることで、ストレートでも変化球でも迷わずにスイングすることができます。

さらに、得意なコースに狙いを絞っておくことで、狙い通りのボールを投げられた時に打てる確率もアップします。

狙い球の絞り方「打球方向別」

打球方向を決める狙い球の絞り方は、状況に応じて打ちにいく際に効果的な方法です。

例えば、1アウトランナー2塁の場面を想定すると、バッターの最低限の役割としては2塁ランナーを3塁に進めることです。

その際に、ライト方向への意識を強く持ってスイングすることでヒットを打てなくても最低限の役割を果たすことができます。

このように、打球方向を決めてスイングすることで、チームへ貢献できるバッティングもできるのです。

狙い球の絞り方「ヤマを張る」

ヤマを張る打ち方は、ピッチャーにとっては非常に怖い狙い球の絞り方です。

バッターは、迷うことなく来た球をスイングするため全く迷いのないスイングをしてきます。

バットに当たる確率は高くありませんが、力強いスイングをするためバットに当たったときには鋭い打球が飛ぶ可能性もあるのです。

チャンスの場面であれば、打つ前に決めた狙い球が外れて見逃すより、「ストライクは打つ」くらいの気持ちでヤマを張ったスイングをする方が良いです。

狙い球は変えてもOK?

狙い球は変えてもOKです。

狙い球を絞ることは、打てる確率の高い選択をすることです。

そのため、狙い球が外れた時には、頭の中をリセットして考え直す必要があります。

野球というスポーツは、1球1球で状況が変わってきます。

その変わりゆく状況の中で、その都度、最善の策を考え選択することが相手に勝つための戦略です。

狙い球を絞るメリット・デメリット

「狙い球を絞るメリット」

  • 迷わずスイングできる
  • 頭の中を整理できる

「狙い球を絞るデメリット」

  • 狙い球が外れると打ちにくい
  • 相手に狙いを読まれる可能性がある

狙い球を絞るメリット「迷わずにスイングできる」

狙い球を絞ることで自分のスイングで打つことができます。

中途半端にいろいろな球種を狙うとスイングが崩れてしまうこともあります。

ハッキリとした狙いを持つことで迷わずにスイングすることができます。

狙い球を絞るメリット「頭の中を整理できる」

狙い球を絞るもう一つのメリットは、頭の中が整理できることです。

頭の中を整理することで、落ち着いて打席に臨むことができます。

野球は、技術だけではなく、相手との心理戦でもあります。

あたふたせずに冷静に戦うためにも狙い球を絞る戦法も必要です。

狙い球を絞るデメリット「狙い球が外れると打ちにくい」

狙い球が外れるとタイミングがズレて打てないことがあります。

狙い球を絞ることはメリットにもデメリットにもなり得ます。

そのため、状況に応じて狙いの定め方を変える必要があります。

例えば、1アウトランナー3塁の場面では、ランナーを返すことが最低限の役割になります。

その役割を果たすためには、自分が打ちたいボールを思い切りスイングするだけでなく、初球の甘い球を狙ったり、相手のポジションによって打球方向を変えるなどの工夫が必要です。

状況に応じて狙いの定め方を変えることでデメリットをカバーすることもできます。

狙い球を絞るデメリット「相手に狙いを読まれる可能性がある」

相手に狙い球を読まれると、その狙いと違うボールを投げられて打てなくなることがあります。

ストレートを狙っていて変化球を投げられたらなかなか打つことは難しいです。

ただし、ストレートに狙いを絞っている雰囲気を出して実は変化球を狙うという作戦をしてもOKです。

先ほどもお伝えしましたが、野球は、相手との心理戦です。

狙い球を読まれるというデメリットもチャンスに変えることもできるのです。

ピンチがチャンスにもなり得るのが野球の面白さでもあります。

まとめ

狙い球を絞る作戦は、バッターに必要不可欠な要素です。

しかし、相手ピッチャーもバッターの逆をついてくるため難しい心理戦になります。

この心理戦を制するために、常に考え続けることが大切です。

今回紹介した4つの狙い球の絞り方をヒントに打撃能力アップに繋げましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました