【野球のルール】ボークの種類を把握できていますか?|分かりやすく解説!

練習,トレーニング
拓也
拓也

ボークってなに?

ひらし
ひらし

ボークは、投手が牽制球を投げるときにやってしまうルール違反のことだよ!

拓也
拓也

ルール違反をしてしまうとどうなるの?

ひらし
ひらし

ルール違反のタイミングが悪いと試合に負けてしまうこともあるよ。

拓也
拓也

それなら絶対に覚えておかなくちゃ!

ボークは、野球の試合で覚えておきたいルールの鉄板です。

このルールを覚えておかないと投手として試合に出るのは難しいかもしれません。

ボークは野球選手が理解しておきたい必須なルールの一つです。

知っておきたい野球のルール「ボークってなに?」

ボークとは、ランナーがいるときに投手がルールを破って投球してしまうことです。

ランナーが出塁した時には、牽制球を投げることでランナーをアウトにするチャンスが与えられています。

しかし、基準を破ってしまうとルール違反とみなされ罰を与えられています。

罰として、ランナーが次の塁へ無条件で進塁できます。

試合が決する場面でボークをしてしまったときにルールを知らなかったでは済まされないこともあります。

正しい知識を身につけて悲しい敗北にならない対策を取っておくことが大切です。

ということで、ボークの種類をまとめてみましたのでぜひご覧ください。

知っておきたい野球のルール「ボークの種類」

ボークにはいくつかの種類があります。

そのため、ひとつずつ正しく理解しておく必要があります。

①プレートを外さずに偽投をする

プレートを外さずに偽投をするとボークを宣告されます。

プレートを外さずに偽投をしてよいのは2塁牽制の時だけです。

②サインを見る際に身体が動く

➡︎サインが見えにくい場合は、一度プレートを外すとボークのリスクを回避できます。

③ボールを持っていないのに投球動作に入る

➡︎ボールを持っていない状態でプレートに跨(またが)る・プレート版に触れる・投球動作に入るなどの行為をしたらボークとなります。

隠し球をしてプレートに触れるのもボークとなるので要注意です。

④投球時にボールが手元から離れてしまう

➡︎たとえ手元から離れてしまっても、ファールラインの外側に出ればボールとなります

⑤セットに入ったときに完全静止していない

セット時に首から下が動いてしまうとボークが宣告されます。

ランナーを見るのに動いて良いのは首から上だけです。

⑥同じ試合でセット時のグローブの位置を変える

意外と知られておらず実際に起こる場面は少ないですが、頭の片隅に入れておきたいルールです。

⑦プレートを踏まずに投球する

逆に言えば、プレートに触れていればOKなので、プレートの端っこに立って投球を行いバッターを打ちにくくさせる作戦をとっている投手もいます。(左投手のクロスファイヤーがそれにあたります)

⑧サインを見るときに手元が動く

➡︎サインを見る際は、プレートに触れていなければなりません。

⑨セット時に、一度合わせた両手を離してしまう。

➡︎セットしている状態でグローブの中でボールを持ち直して腕や肩が動くのもボークとなります。

⑩1・3塁への偽投でプレートを外さない

➡︎プレートに足をつけた偽投は2塁のみです。

⑪投球動作の途中でやめたとき

➡いかなる理由があっても投球動作を開始したら捕手へ向かって投げなければボークを宣告されてしまいます。

⑫故意に試合を遅延させた場合

➡セットから投球までの時間があまりにも長すぎるとボークを宣告されます。

知っておきたい野球のルール「ルールを学ぶためにおすすめの本」

野球のルールを学ぶための本はいくつも販売されています。

その中でも、実際に読んでみてヒントになったものをいくつかご紹介いたします。

「公認野球規則2020」深いルールを知りたい方にオススメ!

「すぐわかる少年野球ルール」初心者の方にオススメ!

まとめ

ボークは、野球の中でも注目度はそこまで高くないかもしれません。

しかし、大事な場面でボークをしてしまうと、それだけで負けに繋がってしまうこともあります。

悲しい結果で野球人生が終わらないためにも、細かなルールを一つずつ覚えておきましょう。

勝つためには、頭を使うことも大切です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました