バットの長さはバッティング上達に影響あるの!?

お悩み解決

突然ですが、バッティング上達の鍵って何だと思いますか?

技術の高さはもちろん必要ですが、バットの長さを考えた方も多いのではないでしょうか?

プロの選手でもバットを長く持っている選手は非常に多いです。

その影響もあってか、バットを長く持てば打てるようになると思っている選手も多いはずです。

しかし、これは本当に合っているのでしょうか?

バットを長く持つことで結果が出せるならみんなやっているはずです。

そこで今回は、バットの長さを調整することでバッティング上達に与える影響について私の考えをまとめてみました。

それでは早速始めていきます。

バットを長く持てば打てるようになるの?

✓バットを長く持つメリット・デメリット

「メリット」

  • 遠心力を上手に利用できればスイングスピードが向上する

「デメリット」

  • バットの重さに耐えられないとスイングスピードは低下

バットを長く持つことで結果が出るというのは、半分正解で半分間違いです。

バットの長さを変えることでメリット・デメリットのどちらもが生まれます。

それでは、ひとつずつチェックしてみましょう。

メリット「遠心力を上手に利用できればスイングスピードは向上」

バットを長く持てば、その分、スイング時に大きな遠心力がかかります。

この遠心力を上手に使うことができれば、バットのヘッドの重さを上手に利用することができます。

その結果、バットを長くする前よりもバットスイングが早くなり飛距離も伸ばせます。

デメリット「バットの重さに耐えられないとスイングスピードは低下」

バットの重さに耐えられない場合はスイングスピードが落ちて打撃力は低下してしまいます。

バットが長くなれば、手や腕にかかる重さも増えてしまいます。

その重さに耐えられるかどうかが、バットを長く持っても良いかどうかの判断基準になります。

バットを長く持つことは、人によって正解にもなれば間違いにもなります。

正しいリスク管理をしておくことがバットの長さを選択する際の大きなポイントになります。

ひらし
ひらし

自分のスイングが崩れなければバットを長くする選択も可能ですね!

バットの長さが短いとどうなるの?

✓バットの長さを短くするメリット・デメリット

「メリット」

  • コンパクトなスイングができる

「デメリット」

  • 手打ちになりやすい

逆に、バットの長さを短くするというのはどうでしょうか?

バットを短く持つことでもメリット・デメリットが存在します。

ひとつずつチェックしてみましょう。

メリット「コンパクトなスイングができる」

バットを短く持ってスイングすることで、バットコントロールがしやすくなります。

その結果、無駄のないコンパクトなスイングに切り替わりミート率が大きく向上します。

大振りばかりして打率が低い選手は、バットの長さを短くする選択も効果的です。

デメリット「手打ちになりやすい」

バットを短く持つデメリットは、振りやすい分、手打ちになりやすいという点です。

振りやすくなったことで、軽い力でもバットをコントロールできるようになります。

メリットとも考えられますが、一歩間違えばデメリットにもなるため要注意です。

結局のところ、バットの長さはどうすればいいの?

先に述べた内容もまとめて結論を言いますと、安定したスイングができる長さを選択することが大切です。

細かい基準もありますが、一番間違いのない選択方法は、スイングしやすい長さでバットを持つことです。

重すぎるとスイングが崩れたり、逆に、短すぎると手打ちになってしまうこともあります。

それらのリスクを考慮して振りやすい長さを選択することが大切です。

まとめ

いかがでしたか?

バットの長さは、バッティング上達を目指す選手なら一度は悩んだことがあるはずです。

バットの長さを選択する際には、安定したスイングができる長さを選択することがポイントになります。

バッティングの悩みは尽きませんが、頑張る野球選手のお悩みがひとつでも解決できる投稿となれば嬉しいです。

バッティングに関する記事はこちら⇓でもまとめていますので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました