バッティングで身体は開いても良い!?よくあるお悩みをスポーツトレーナーが解決します!

お悩み解決

「身体を開くな!」

バッティング指導時によくあるシーンです。

皆さんも一度は言われたことがある指導ではないでしょうか?

身体が開いてスイングすると、ミート力が落ちてしまうため気をつけたいポイントのひとつですね。

しかし、一度考えてみてください。

スイングをすると最終的には身体は開くのです。

「ん?どういうこと?」ってなりますよね。

その疑問について今回紹介します。

それでは早速始めていきます。

「身体は開いても良い」ってどういうこと?

「身体は開いても良い」とは、バッティング時には回転するスピードで打つため身体が開くのは当然ということです。

「身体を開くな!」という指導は間違ってはいませんが、抽象的すぎて選手はイメージしにくいです。

打つ前から身体が開いてしまうとバットが遠回りしたりミート力が落ちてしまうことはあります。

大切なことは、「身体を開くな!」と断言することではありません。

もっと具体的に、選手に分かりやすく指導するべきです。

大きなポイントは、身体が開くタイミングに気をつけることです。

スイングを終えた時点で必ず身体は開くため、意識するべきポイントは身体が開いてはいけないポイントを知ることです。

身体が開いてはいけないポイントは?

身体が開かないようにするのは、スイングを始めてボールをミートするまでの間です。

この間に、身体が開いてしまうとスイング時にバットが身体から離れたりミートポイントがズレてしまいます。

身体の開くタイミングを意識しておくことで、振り出した勢いを殺すことなくスムーズにスイングすることができます。

バッティング上達の鍵は、柔軟な思考を身につけることです。

バッティング指導時の注意点

バッティング指導では、さまざまな理論が展開されています。

それらの指導は、選手に合ったものや合わないものが必ずあります。

そのため、指導された内容を鵜呑みにせず、自分なりに考えて取り入れることが大切です。

選手の感覚は選手にしか分かりません。

選手の感覚と指導押された内容をヒントに必要な部分をしっかりと吸収していきましょう!

まとめ

「身体を開くな!」というスイングは、半分正解で半分間違っています。

大切なことは、柔軟な思考を身につけ理にかなったスイングをすることです。

正しいスイングを身につけて打率アップを目指しましょう!

バッティングに関するこの他の記事はこちら⇓です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました