コントロールが悪いピッチャーの原因7選!|スポーツトレーナーが徹底解説!

ピッチャー

野球のピッチャーでは、ストレートが得意なタイプや変化球が得意なタイプなど様々なタイプの選手が存在します。

それらの選手タイプの中でも、まず目指すべきはコントロールのよいピッチャーだと考えます。

なぜなら、コントロールが良いピッチャーは、自滅することが少なく試合を作ることができるからです。

いくらストレートが得意なピッチャーでもコントロールが悪ければフォアボールやデッドボールばかりで試合が壊れてしまいます。

そうなると、まず目指すべきはコントロールの良いピッチャーということになります。

今回は、「コントロールが悪いピッチャーの原因7選」というテーマで進めていきます。

現在、ピッチャーとして頑張っている選手、これからピッチャーを目指す選手は、ぜひ今回の投稿を参考にしていただけると嬉しいです。

それでは早速始めていきます。

コントロールが悪いピッチャーの原因7選

コントロールが悪いピッチャーの原因7選

  • 柔軟性
  • 筋力不足
  • 体重移動ができていない
  • アンバランス
  • ステップ幅
  • リリースの感覚
  • 意識

コントロールが悪いピッチャーには必ず原因があります。

その中でも上記の7つの原因はチェックしておく必要があります。

現在、ピッチャーをしている選手やこれから目指す選手は、あなたの現状と比較してみましょう。

それでは、ひとつずつチェックしてみましょう。

コントロールが悪いピッチャーの原因「柔軟性」

柔軟性が不足すると、身体の可動域が制限されるためボールをコントロールする能力が落ちてしまいます。

自分の身体をコントロールできないのに、ボールを操るのはどう考えても難しいです。

道具を使わずに自分の身体がコントロールする基本ができてから応用のボールを扱う訓練に繋げる必要があります。

コントロールを身につけるために、投げ方だけに目を向けるのではなく、自分自身の身体の状態を把握することが先決です。

コントロールが悪いピッチャーの原因「筋力不足」

筋力が不足すると、イメージ通りの力発揮ができずボールコントロールが難しくなります。

コントロール良く投げるためには、一定の筋力が必要になります。

筋力強化➡コントロールを意識した投球練習という流れで取り組むことが大切です。

ただし、筋力をつけたからと言って、力いっぱいに投げるのはバツです。

力づくで投げたとしても、全身に力が入るため身体のコントロールが難しくなるだけです。

それよりも、トレーニングでつけた筋力を効果的に使うために7~8割くらいの力で投げる練習をする方が意味がある練習になります。

コントロールが悪いピッチャーの原因「体重移動ができていない」

体重移動がうまくできないと身体のバランスが崩れるため、結果的にコントロールも乱れてしまいます。

体重移動がうまくできないと球速も落ちてしまうため良いことがありません。

持っている力をしっかりと発揮するためにも、体重移動の問題を解消することは優先課題となります。

ステップした位置で投球動作を繰り返し身体に覚えさせる練習は効率が良いのでおすすめです。

コントロールが悪いピッチャーの原因「アンバランス」

左右の筋力や姿勢がアンバランスだとコントロールが乱れるのも当然ですよね。

自然に立った時に左右どちらかの肩が下がっている場合は、かなりのアンバランスが疑われます。

その際は、専門家にチェックを受けて必要な筋力トレーニングやバランストレーニングに取り組みましょう。

初めて私のところにトレーニングに来られた野球少年たちの中には、良いボールを持っているのに左右のバランス不良により力が十分に発揮できていない選手も多いです。

良いものを持っているのに全力を出し切れないのは本当にもったいないです。

コントロールが悪いピッチャーの原因「ステップ幅」

ステップ幅が自分に合わない選手は、踏ん張る力が安定しないためコントロールが乱れてしまいます。

ステップ幅に関しては、しっかりと踏み込むことが大切だと言われています。

しかし、実際にはステップ幅が小さい方が安定したコントロールで投げられる選手もいます。

これは、その選手の重心(身体のバランスをとる中心)の位置が高いことがひとつの要因と考えられます。

ステップ幅を決める際には、客観的に良いボールが投げられているかどうか、そして、選手自身の感覚を確かめながら調整していく必要があります。

繰り返し投球練習を繰り返し、一番投げやすい感覚を掴んでいきましょう。

コントロールが悪いピッチャーの原因「リリースの感覚」

リリースの感覚がズレるとコントロールも乱れてしまいます。

「指にかかる感じ」「指で押し出す感じ」というように、それぞれのピッチャーに合った感覚を持つことが大切です。

自分が良いボールを投げられるリリースの感覚を掴むことで、コントロール良く投げられるポイントを見つけることができます。

最初から全力で投げるよりも、6~8割くらいの力でリリースの感覚を調整しながら練習することをおすすめします。

イメージ通りに身体をコントロールできる投げ方でリリースの感覚を覚えてから強度を上げていくと正しい身体の使い方で鍛えることができます。

リリースの感覚を掴むために、テクニカルピッチを利用してコントロールのチェックをすると修正スピードは格段に向上します。

なんとなくのイメージで修正をかけるより、テクニカルピッチを利用して回転数や回転軸をチェックする方が100倍効率が良いです。

野球上達に櫃良なアイテムをまとめています。

コントロールが悪いピッチャーの原因「意識」

意識と実際の投球動作がズレるとコントロールは乱れてしまいます。

「どのポイントでリリースするのか?」

「スムーズな動作で投げられる7~8割くらいの力になっているか?」

といったように投球時に意識するポイントを明確にすることが大切です。

何を意識して投球を行うかで、結果は全く違ったものになります。

まとめ

コントロールが悪いピッチャーには必ず原因があります。

その原因が分からずに投げ方だけを変えて苦戦しているピッチャーがかなり多いです。

もっと視野を広げて自分と向き合い、コントロールが悪い原因を明確にすることが大切です。

正しい努力を積み重ねれば、必ずいい結果が生まれます!

できることから一つずつ積み重ねていきましょう!

ピッチャーに関する記事はこちら⇓でもまとめておりますので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました