アッパースイングって悪いの?|野球のバッティングもお悩みを解決!

バッティング

「アッパースイング」

多くの選手がこのバッティング理論に悩まされているのではないでしょうか?

現代では、さまざまな理論が展開され多種多様な指導法が存在しています。

その中でも特に疑問を感じやすいのが「アッパースイング」。

アッパースイングは、日本では良くないバッティングとされることが多いです。

しかし、結果を出している選手はアッパースイングのような軌道でスイングしていることもあります。

今回は、アッパースイングについて深掘りしてまとめてみました。

ちなみに私はこんなもの⇓です。

そもそもアッパースイングってなに?

アッパースイングとは、大げさに言えばゴルフのようにバットが下から上に向かう軌道でスイングすることです。

しかし、プロ野球選手を見ていてもスイング時にバットは下から出ているように見えます。

そのため、「アッパースイング」という概念にとらわれる必要はないのです。

結局のところ、ヒットやホームランなどを打って結果を出せば文句を言われることはありません。

スイング時のバットの軌道イメージ

スイング時にはバットはボールの軌道に合わせていくことが大切です。

投手が投げたボールは、重力の影響でキャッチャーの手前で少し落ちます。

球速によってポイントは変わりますが、投げられたボールが向かってくる軌道に合わせてバットを振り出していくことが大切です。

つまり、バットはやや下から上に向かってスイングしていくことになります。

アッパースイングの3つの注意点

アッパースイングで打つ際の注意点は3つあります。

これらを気をつけた上でアッパースイングを行うことで、フォームの乱れを防ぐことができます。

それでは早速確認してみましょう。

  • 力ずくでスイングしない
  • 手首を立てる
  • 重すぎるバットを使用しない

「アッパースイングはダメだ」という指導も多いです。

だからといって、大根切りのようなスイングをすればいいかと言えばノーです。

ボールの軌道に合わせてスイングをすることを頭に入れておきスイング練習を行うことが大切です。

まとめ

これまでは、アッパースイングは悪というイメージが非常に強かったです。

しかし、理にかなっている部分も多く、3つのポイントを注意すれば、ボールの軌道に合わせたスイングをすることも可能です。

感覚的にダメと決めつけるのではなく、選手に適したスイングを取り入れることが大切です。

固定観念にとらわれることなく、自分に合ったスイングを見つけましょう。

コメント

  1. Elvina より:

    I REALLY LOVE THIS WATCH. I GET A LOT OF COMPLIMENTS ON IT.

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました