【間違いだらけ!?】連続素振りや連続ティーは良い練習?それとも悪い練習?

バッティング

野球のバッティング練習の定番である連続素振りや連続ティー。

野球選手なら一度は経験したことがある練習ではないでしょうか?

この練習ですが、指導者や選手によって賛否両論があります。

それは、連続素振りや連続ティーは一長一短ありどちらが正しいと決められないからです。

これらの練習に取り組む際には、メリットやデメリットを把握しておくことが大切です。

そこで今回は、これらの練習について深掘りしてまとめさせていただきます。

そして、この記事を元にして連続素振りや連続ティーの練習を取り入れるかどうかの選択をする際のヒントにしていただけると嬉しいです。

それでは早速始めていきます。

連続素振りや連続ティーの効果

  • 下半身の使い方を覚える
  • 脇の開きを抑える
  • トップの位置を作る

連続素振りや連続ティー(以下:連続スイング)の効果は、大きく3つに分けられます。

これらの練習を行う際には、効果を知り、目的を明確にして取り組むことが大切です。

それでは、ひとつずつチェックしてみましょう。

連続スイングの効果「下半身の使い方を覚える」

連続でスイングを行う際には、下半身をどっしり構えておく必要があります。

特に、膝の曲げ具合を調整しながらスイングを行い、一番安定するポジションを探してみましょう。

一番安定するフォームで連続スイングを行うことで、スイングの際に下半身でどっしりと踏ん張る感覚を身につけることができます。

連続スイングの効果「脇の開きを抑える」

連続スイングを行う際には、次のボールを打つために素早く構える必要があります。

打った後に早めに準備するためには、投手側の脇(右投手の場合、左脇)の少し締めて行う必要があります。

連続スイングで練習する際には、体幹と投手側の腕にチューブを巻いて脇の開きを抑える工夫をするのもアリです。

連続スイングの効果「トップの位置を作る」

先ほどと同様に、連続でスイングを行うためには、早めに準備しておく必要があります。

そのためには、打った後に早めに構えておかなければなりません。

早めに準備する意識を持ってスイングを繰り返すことで、自然とトップの位置を作れるようになります。

連続素振りや連続ティーのリスク

  • 急ぐことでフォームが乱れる
  • 連続でこなせば力がつくと思う
  • 手や腕の力だけで打とうとする

連続スイングのリスク「急ぐことでフォームが乱れる」

連続スイングで急いでスイングしてしまうと、フォームが乱れる可能性があります。

焦ってボールに当てることにだけ意識が向いてしまうと、本来の目的からズレてしまい本末転倒になります。

✓解決策

まずは、あなたのフォームでスイングできるペースで取り組むことが大切です。

そのスイングで慣れてきたら、少しずつペースを早めていけばOKです。

連続スイングのリスク「連続でこなせば力がつくと思う」

連続でスイングをすることで力がつくというのは半分合っていて半分間違っています。

なぜなら、連続でスイングを行うことで多少の力がつきますがかなり非効率だからです。

力をつけることを目的とするなら、筋力トレーニングを行う方が圧倒的に効率が良いです。

「筋トレをしたら身長が伸びない」「筋トレをしたら身体が硬くなる」という迷信が存在します。

しかし、実際には、自分に合ったメニューや負荷設定で鍛えることで身長や身体の硬さに影響を与えることはほぼありません。

正しい知識を身につけておけば効率よく筋トレで鍛えることができるはずです。

連続スイングのリスク「手や腕の力だけで打とうとする」

焦ってボールにバットを当てようとすると、下半身の使い方を使うことを忘れていわゆる「手打ち」になってしまいます。

その結果、本来とはかけ離れたスイングになり練習することで下手になってしまいます。

✓解決策

焦ってスイングすることなく、下半身で踏ん張ることを意識してフォームが乱れないペースから始めましょう。

まとめ

連続スイングは、一長一短あり、効果やリスクを把握しておくことが大切です。

連続スイングの効果を理解した上で取り組むことで、狙い通りの効果が望めます。

正しい練習方法で練習して試合で結果を出してやりましょう!

バッティングに関するその他の記事はこちら⇓でまとめていますので、参考にしていただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました