【野球少年必見】自宅練習で使えるバッティングアイテムまとめ!ランキング形式で紹介!

まとめページ

野球上達のためには、自宅練習の質を高めることが必須条件といえます。

しかしながら、自宅練習では「素振り」や「壁当て」といった何となく行う練習が意外と多いです。

自宅練習では、チーム練習で出た課題や自分の強みをさらに伸ばすために、目的を持って取り組むことが大切です。

そのうえで、必要があればアイテムを選択して効率を高めていくと上達スピードは格段に向上します。

そこで今回は、野球&トレーナー経験を活かして自宅で本当に使えるアイテムをランキング形式でまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

✔自宅でのバッティング練習に使えるアイテムを知りたい

✔おすすめのバッティングアイテムが知りたい

✔バッティングアイテムの使う用途を知りたい

こうしたお悩みをお持ちの方におすすめの記事です。

皆さんもご存じの通り、野球のバッティングアイテムにはたくさんの種類があります。

その中でも、自分に合ったものを選択することが重要です!

バッティングアイテムを選ぶときの3つの注意点

  1. あなたに適したバッティングアイテムを選択できていますか?
  2. バッティングを行う練習環境を把握できていますか?
  3. そのバッティングアイテムは本当に必要ですか?

バッティングアイテムを購入する際は、さまざまな要素を考慮する必要があります。

本当に必要なものであったり、長期間使えるものであれば、値段が多少高くても購入する価値があります。

衝動的に購入せずに、客観的に必要なものかどうかを確認することが大切です。

これらの要素を踏まえて、バッティングに必要なアイテムランキングをご覧ください。

自宅練習で使えるバッティングアイテムのおすすめランキング

野球歴9年とトレーナー歴7年の経験を活かして、おすすめのバッティングアイテムをランキング形式にしてみました。

さまざまなアイテムがある中で、新しいものや高いものがすべていいものとは限りません。

あなたにとって必要なものが本当に価値のあるものです。

あなたの自宅の練習環境や練習目的を想像しながら確認していきましょう。

【1位】スピードシャトルマシン

立ち位置を変えるだけでスピード調整ができて、1人でも取り組める便利アイテムです。

親御さんが忙しくて手伝えないという場合にはもってこいのアイテムです。

✔スピードシャトルマシンの評価

利便性★★★★★
使いやすさ★★★★
おすすめ度★★★★★
コストパフォーマンス★★★★

スピードシャトルマシンについて深く知りたい方はレビュー&口コミの記事をご覧ください。

【2位】カウンタースイング

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_E0049.jpg

カウンタースイングは、スイング軌道や動作を確認するために必須のツールです。

小学校高学年以上のバットをしっかり振れる選手にはおすすめのアイテムです。

スイング修正を図るときにカウンタースイングを使用するという使い方もできるため、長期間使用し続けることができます。

利便性★★★★
使いやすさ★★★★
おすすめ度★★★★★
コストパフォーマンス★★★★

カウンタースイングについて深く知りたい方は、口コミの記事をご覧ください。

【3位】スタンドティー

スタンドティーは、自分のタイミングで決まったコースを打つことができるため、初心者の方にはおすすめです。

私自身、スタンドティーを小学校から中学校まで使用していましたが、持ち運びが便利で使いやすく重宝していました。

私自身、スタンドティーは小学校から中学校まで、自宅での自主練習で使っていました。

チーム練習終わりの自宅練習では、限られた時間の中で練習していく必要があるため非常に助けられました。

【4位】フロントトスマシン

フロントトスマシンは、スピードシャトルと同様に前方からボールが飛んでくるため、より実戦的な練習になります。

穴あきボールを打つフロントトスマシンと硬式や軟式、ソフトボールに対応できるフロントトスマシンがあります。

どちらを選択するかは、あなたの置かれた環境を確認したうえで決めましょう。

自宅練習で使えるバッティングアイテムランキング【まとめ】

まとめると、このようになります。

✔短時間で一人で練習したい・・・スピードシャトルマシン

✔スイング修正したい・・・カウンタースイング

✔狙ったコースを数多く打ちたい・・・スタンドティー

✔実戦的な練習をしたい・・・フロントトスマシン

どれもおすすめですが、イチオシは短時間でたくさん練習ができるスピードシャトルマシンですね。

利便性が高く、長期間使うことができるためかなり便利!

バッティングアイテムは、練習環境や目的に合わせて使い分けることが大切です。

アイテムを正しく選択し、打率アップを目指しましょう!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました