重たいバットって必要?|野球のバッティングアイテムを正しく使ってお悩み解決!|分離症には要注意!

お悩み解決
拓也
拓也

重たいバットを振れば力がつくのかな?

ひらし
ひらし

力をつけるために重たいバットを振るだけでは効率悪いよ。

ホームランや鋭い打球は魅力的で誰もが憧れるプレーのひとつです。

そうした派手なプレーをするためには相当な技術とパワーが必要になります。

重たいバットでスイングすると力がつくような感じがします。

しかし、実際のところ大きく筋力が向上する保証はありません。

試合中、ネクストバッターズボックスで重たいバットで素振りをしている選手がいます。

その選手は力をつけるために重たいバットを振っているわけではありません。

今回は、重たいバットを振る目的やリスクをお伝えします。

そうすることで、重たいバットを安全に正しく使うためのヒントにしていただければ幸いです。

それでは早速始めていきます。

重たいバットを振る選手の心情

重たいバットを振る選手の多くは間違ったイメージを持っています。

重たいバットを使う選手の多くは、重たいバットを使うことで力を付けようとしてしまいます

  • ホームランを打ちたい
  • 強い打球を打ちたい
  • スイングスピードを上げたい

こうした気持ちから重たいバットを使って素振りをする選手は多くいます。

私自身、高校まで9年野球を続けてきましたが、力を付けるために重たいバットを振っていたこともあります。

ひらし
ひらし

よく分かるんだけどもったいない!

このような気持ちで重たいバットを使う子どもさんは、ケガやフォームの乱れに繋がるリスクが高いです。

重たいバットを振る本来の意味は?

重たいバットを振る本来の目的は、下半身を使ってスイングができているかを確認することです。

バット自体が重たいため、腕や上半身の力だけでスイングしようとしても上手くできません。

  • 重たいバットを振って力を付けたい
  • スイングスピードを速くしたい

このように考えている選手は、本来の目的と違っているためケガやフォームの乱れに繋がってしまいます。

だからこそ、重たいバットを振る目的は明確にしておく必要があります。

重たいバットを振るリスク

重たいバットを振ることで、ケガのリスクが高まってしまいます。

重たいバットを振るリスク「分離症」

重たいバットは身体にかかる負担が大きくなり、その重さに耐えるために腰に大きなストレスがかかります。

重たいバットを振り続けると、腰を捻転させる動作の繰り返しにより分離症という疲労骨折の発症リスクが高まります。

この分離症は、一度発症してしまうと完全治癒が困難であり、リハビリを続けていかなくてはならなくなります。

このリスクを冒してまで、重たいバットで力をつけようとするのはオススメできません。

重たいバットを振る前に、筋力トレーニングで力をつけたりバランスの良い食事で身体作りをしていくことが先決です。

分離症に関する情報は、野球医学が非常に参考になります。

私もこの本で勉強させてもらいました。

重たいバットを振るリスク「打撃フォームの乱れ」

重たいバットを振ることによる打撃フォームが乱れる理由は以下の通りです。

  • 重さに耐えようとして肩に力が入ったり腕の力だけで振ってしまう
  • 重さを上手く利用できているけどスイングが崩れてしまう

✔重さに耐えようとして肩に力が入ったり腕の力だけで振ってしまう

小学生の子どもさんが重たいバットを振ろうとしたときによく見かけるシーンです。

身体が小さく力がないけど、とにかく重たいバットを振りたい子どもさんがいらっしゃいます。

試合で使うバットでさえも少し短く持たないと力強く振れないのに、重たいバットを使っても逆効果です。

重さに耐えようとして、肩や腕に力が入ってスイングに必要な回転スピードがガクッと落ちてしまいます。

その結果、本来のスイングも崩れて何が正しいフォームか分からなくなってしまいます。

これでは本末転倒ですね。

正しいフォームの改善のためには、カウンタースイングの使用も一つのヒントになります。

詳しくは、こちら⇓をご覧ください。

✔重さを上手く利用できているけどスイングが崩れてしまう

身体に合わない重たいバットを起用に振れている子どもさんもいらっしゃいます。

無駄な力を入れずにバットコントロールをすることができればいいかもしれません。

しかし、そのスイングが自分に適しているかを検証する必要があります。

重たいバットで上手く振れていても実際のバッティング練習で打てなければ意味がありません。

重たいバットを上手く振れているようでもヘッドが上がっているかもしれません。

重たいバットを使用する際は、実際のバッティングの検証も並行して行うことをおすすめします。

重たいバットを振る際の注意点

重たいバットを振る際には、いくつかの注意点があります。

重たいバットを振る際の注意点「重すぎないか」

重たいバットを振る際には、重さを確かめておく必要があります。

重すぎると分離症やフォームの乱れに繋がるため注意が必要です。

重さを確かめる際には、以下のポイントに気をつけましょう。

  • 半分より強い力でスイングしてもフォームが乱れないか?
  • そもそも通常のバットで安定したスイングができているか?

これらのポイントは最低限気をつけましょう。

重たいバットを振る際の注意点「腰など痛めている部分はないか」

重たいバットを振ると、身体に大きな負担がかかります。

腰を中心として身体のどこかを痛めている場合は、悪化する可能性があるため要注意です。

重たいバットを振る前には、身体の状態を確認しておくことが大切です。

まとめ

重たいバットを振る際には、ケガやフォームの乱れに気をつけることが大切です。

バッティング上達のために重たいバットを上手に使いこなしましょう!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました