【女子野球選手必見】男女の身体の違いに悩む選手はバッティングなどの技術を高める前に確認すべきことがあります。。。

活動報告

近年、女子野球の人気は右肩上がりに上昇しています。

女子選手の多くは、男子選手に比べて体格が小さく力が弱いです。

これは男女で身体の作りに違いがあるからです。

しかし、女子選手の中には男子選手と同じレベルで戦おうとする選手もいます。

男子に負けない気持ちを持つことは大切ですが、男女の身体の作りの違いを知っておかなければケガをするリスクがあります。

そこで今回は、女子選手がバッティング技術向上を目指す前に確認しておくべき男女の身体の構造の違いをお伝えすることで、間違った考え方で鍛えないように注意していただきたいです。

それでは早速始めていきます。

男女の身体の構造の違い①「体脂肪量」


体脂肪量は男性と女性の違いの中でも、非常に分かりやすいのではないでしょうか。

女性の方が男性より体脂肪量が多いため、体重あたりの筋量は女性の方が低くなります。

体脂肪の目的は、出産や体温保持、外部からの衝撃に耐えるなどの役割があります。

体重管理が必要な女子野球選手は、体脂肪を減らすだけでなく調整する意識を持つことが1つのポイントになります!

男女の身体の構造の違い②「骨盤」

男性の骨盤は縦に長く、女性の骨盤は出産に備えて横に幅広いため、女性の方が丸みを帯びて見えます

女子野球選手の場合、骨盤が丸みを帯びているため、筋肉がついていても分かりにくい場合があります。

そのため、見た目だけで判断しない意識を持つことが大切です。

男女の身体の構造の違い③「Qアングル」

Qアングルとは大腿四頭筋の長軸と膝蓋腱の長軸のなす角のことであり、女性の方が男性より大きいと言われています。

女性は、男性より骨盤の横幅が大きくそのバランスを取るために、膝が内側に入りやすくなっています。

そのため、女子野球選手の方が膝の怪我のリスクは高くなってしまいます。

日頃から膝に気をつけてプレーしたり、膝が内側に入りにくくするためのトレーニングを取り入れることも大切です。

男女の身体の構造の違い④「関節弛緩性」

男女の差でよくあるのが「外反肘」です。

外反肘とは、腕をまっすぐに伸ばした時に、肘が外側に曲がっている状態のことです。

日常生活には大きな支障はありませんが、肘に遠心力がかかる野球やソフトボールなどの女子選手は注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?

今回紹介したように、男性と女性では身体の構造にいくつかの違いがあります。

野球やソフトボールなどの競技では、身体の構造が影響することもあります。

そのため、ケガに注意しながら取り組んでいくことが大切です。

現在、男子に混ざって頑張っている女子選手たちがケガなく頑張れることを心から願っています!

コメント

  1. great price fast shipping thank you very much

  2. Bettye より:

    thank you very much++++++++recommended

タイトルとURLをコピーしました