「最短距離でバットを出す」ことで本当に打率は上がるか?

バッティング

「最短距離でバットを出せ!」

野球界では当たり前のように行われている指導。

皆さんも一度は、聞いたことがある指導ではないでしょうか?

私自身、小学生時代に「最短距離でバットを出さないと打てない」という指導を受けました。

当時は、疑いもなく受け入れていました。

しかし、時間が経つにつれて「最短距離でバットを出すのってどうやって?」という疑問を感じるようになりました。

皆さんの中にも、指導されたことを何となく受け入れていることはありませんか?

この受け入れ方がバッティング上達の足を引っ張る要因となるのです。

せっかく努力をしていても、努力の方向性を間違ってしまうと逆に打てなくなることだってあります。

そこで今回は、「最短距離でバットを出す」という指導について深掘りし、正しいイメージをお伝えすることでバッティング上達の一助となれば幸いです。

それでは早速始めていきます。

正しい「最短距離でバットを出せ!」とは?

「最短距離でバットを出す」ための正しい方法は、投げられたボールがキャッチャーミットに届くまでに通る軌道に合わせてスイングすることです。

投げられたボールは、キャッチャーに届くまでに変化球はもちろん、ストレートでもリリース地点から少し落ちます。

これは、重力による影響を受けるからです。

ボールの軌道が落ち込むということは、バットは少し下から上への軌道になるはずです。

動画もご覧ください。

このスイングのミートポイントは一点のみ。
ボールの軌道に合わせれば、少しタイミングがズレてもミートできる。
ボールの軌道に合っていても脇が開くのはダメ🙅‍♂️

「最短距離でバットを出せ」の誤解

「最短距離でバットを出せ」という指導がありますが、その中でも間違った指導があることも事実です。

  • ・上から叩くように
  • ・首を斬るように

こうした指導をされる方もいらっしゃいます。

しかし、投げられたボールは、重力の影響を受けて少し落ちこみます。

その軌道に対して、上から叩くようにバットを出すと、一点でしかボールをミートすることはできません

少しでもポイントがズレると、内野ゴロになったりフライを打ち上げたりしてしまいます。

それに対して、投げられたボールの軌道に対してバットを出すと、少しタイミングがズレてもバットの芯で捉えることができます。

そのため、ボールの軌道に対してバットスイングを行う方が打てる確率は高いです。

最短距離でバットを出すための使えるアイテムとは?

「最短距離でバットを出せ」という指導が理解できたとしても、修正方法がイマイチ分からないってことありますよね。

正しいイメージを持つことができたら、その後は、実際にスイングして修正していくのみです。

そのために必須と言ってもいいアイテムは、カウンタースイングです。

カウンタースイングは、スイング軌道を確保するために必須なアイテムです。

できるだけ早くスイング軌道を修正したいという方は、こちら⇓の記事をご覧ください。

まとめ

「最短距離でバットを出せ」という指導は、半分合っていて半分間違っています。

そのため、深掘りして理解しておく必要があります。

投げられたボールの軌道に対してバットスイングを行う。

これが、最短距離でバットを出すために不可欠な思考です。

当たり前のように行われている指導にこそ、見直すべきポイントがあるのです。

正しいスイング軌道を確保して打率アップを目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました